Diary

  • Diary
  • 愛猫のための自動給餌器プロジェクト

    概要設計図

    電子工作の手始めとして留守中に飼い猫の餌をタイマーで自動給餌するガジェットを制作しようと思います。せっかく作るので、プロジェクトとして進めていくための書類作りから初めてみたいと思い、Dropbox Paperでプロジェクト草案を作成しました。

    Dropbox Paper初めて使ってみましたが、情報整理のための機能がシンプルに実装されていて、なかなか使えるという印象でした。さっと企画書を作って頭を整理するのに良さそうです。

    実際に自動給餌器のための企画書と仕様書を作成しました。以下のリンクからご覧頂けます。

    プロジェクト概要
    技術仕様

    ようするに、タイマーで蓋が開く箱を作れれば良いのですが、最終的にはちゃんと蓋が開いたかどうかや、猫が餌を食べたかをスマートフォンに通知する機能も実装できればと思っています。

    作る前にこんな機能があれば良いなとか、作りやすくするにはどうすれば良いか等を検討するのはとても楽しいし、勉強になります。

    もう一つ並行して進めている制作物がありますが、そちらはもう少し進んでからまとめようと思います。

    Pocket

  • Diary
  • 燕三条トライク電子工作部

    19092778_1301849199863658_7422600067392675476_o

    前々から電子工作に興味があって、少しづつ独学でLEDを光らせてみたりして遊んでいたのですが、なかなか何かを作り上げるという段階に到達する事ができずヤキモキしていました。

    そんな中シェアスペースである「燕三条トライク」にて電子工作部をはじめるというお誘いを頂きました。この方面に明るい方がメンバーにおり、実質上顧問のようにアドバイスを頂けるという事で、これ幸いと参加する事にしました。

    18814943_1301849089863669_4431027164427190773_o

    実際に参加してみると、職種や年齢が様々ながら、皆電子工作をしてみたいという興味が共通しているので、初回から楽しく活動を行っています。やはり、アイデアを出し合ったり相談したり出来る人が周りにいる環境は何事にも必要で、一人で進めるより断然楽しく効率が良いです。

    それぞれ作りたい物を決定しましたので、その実現のためにプロトタイプを作ったり、電子工作をするために必要な基礎を学んでいく事になりました。作る物の概要や進捗をブログに記録したいと思っています。これからが凄く楽しみです。

    Pocket

  • Diary
  • 譲渡会での猫の迎え入れ方について

    この記事は2017年2月に書かれています。読んでいる時期によっては状況が変わっている可能性があります。基本的に今回譲渡会に参加した「いくとぴあ食花」の「動物ふれあいセンター」さんでの譲渡会についてのまとめになります。

    先日譲渡会で保護猫を我が家に招き入れました。

    その経験を元に今回お世話になった新潟県新潟市の「いくとぴあ食花」での猫譲渡について、どんな流れだったかまとめておきたいと思います。
    個人の経験を元にしているため、猫の譲渡会についてのみとなります。犬では方法が異なるかもしれません。

    また、抽選方法など日々試行錯誤して変わっているようですので、ここでの情報は参考程度と考えて頂き、実際に譲渡会に参加される前に不明点は直接お問い合わせ頂く事をお勧めします。

    記事は5ページあります、お考えの方はじっくりお読みいただき譲渡会参加方法の参考にして頂ければ幸いです。

    ↓ページ2へ続く

    Pocket

  • Diary
  • git導入

    hellogit

    ほぼ個人での作業が多いので、作業管理についてはこれまで必要と考えていませんでした。気ままに修正したい場所を修正して、バックアップを定期的に取れば良い。そう考えている時期が僕にもありました。

    管理するサイトが増えるにつれて、ファイルの修正頻度はどんどん増えています。ありがたい事にお仕事は定期的に増えていますので、基本的に生きている限り管理すべきプロジェクトは無限に増えていく事になります。

    作業の更新履歴をしっかり管理して、正確なバックアップの管理を行う事が急務となってきました。

    gitについては、イケてる会社のイケてるメンバーが多人数の進捗管理の為に導入しているイケてるツール、ぐらいの認識しかありませんでしたし、個人での開発が多い自分には必要の無いものだという認識で、少し憧れつつ横目で距離をとっていました。

    前記の通り作業管理の必要性を強く感じている所良い本を見つけましたので、出来るだけ短期間での習得を目指して本腰を入れました。

    それから3日程で導入には成功し、現在は過去のプロジェクトを少しずつ管理環境にまとめている所です。

    作業管理をツールに任せる事で、サイトの構築に集中できる…というのが理想ですが、今の所ツールを使う事自体に少しリソースを取られている感じは否めません。それでも慣れれば良くなるという実感が大きいので見通しは明るいと思っています。新しい事を覚える事は大変ですが、習得したという実感を感じる事はとても楽しいです。

    今回も多くの技術系ブログにお世話になりました。その内このブログでもまとめたいなと思っています。

    Pocket

  • Diary
  • Boat tours

    img_5545

    あけましておめでとうございます。
    今年の目標なんかを書きたい所ですが、先ずは去年の年末に行った旅行の記録をします。2016年の秋口にNHKのニュースで偶然みた川下りの映像で、その船にこたつが設置してあるのを見て、あまりにも良さそうだったので即予約しました。

    山形は庄内地方の、最上川河口から1時間ぐらい山に入った所での川下り。あの「おしん」の舞台で有名な場所だそうです。山形に行くのは初めてだったのですが、ちょうど雪が降っている日で幻想的な景色が見れて良かったです。

    e7fa5559-b899-4dac-a6f6-46a25c82a5dd

    帰りに庄内ラーメンの有名店「満月」のワンタンメンを食べて帰って来ました。結構しょっぱめで美味しかったです。元々山形へ行くなんて考えてもいなかったのですが、

    偶然見たものでも少し深掘りして実際に足を運んでみるというのは良いものだなと思いました。今年は色々な場所に思い切って行きたいとなと思います。

    54728356-4ce9-476c-a5cb-273c6eba5bdf

    Pocket

  • Diary
  • About photography

    img_5052

    カメラを買ってから練習の意味もあって、いつも持ち歩いていて、カメラを持っているというだけで周りを見る目が変わって楽しいです。

    なんとなくスマフォで気になったものを撮るだけでも楽しいのですが、

    一眼レフならではの画角や画作りを意識して景色をみると、さらに踏み込んだ視点になれて、それが気持ち良いです。

    これは本当にいまさらなんですけど、フィルムと違って撮影枚数を気にしなくて良いというのは素晴らしいなと思います。

    da6b451b-a9db-4ebd-a34a-526ae79b97c9

    あのドキドキが良いんだよって人の気持ちもわかりますが、個人的にはバシバシ撮れる方が圧倒的に楽しいです。

    撮影した写真をiPadにwifiで転送して、icloud共有しているのですがこれも便利。

    そのままios版のLightroomで現像するという流れが、スムーズで良いなと思いました。ipadぐらいの画面が一番写真が綺麗に見える気がします。

    まだ細かい所を勉強中なので、良いワークフローができたらここでまとめたいなと思っています。

    Pocket

  • Diary
  • Contribution

    img_0261-3

    三条ものつくり大学の「燕三条ミニ四駆大学」。大学に行く度に、大人も子供も関係無く楽しんでいる様子を覗いては、混ざりたい気持ちで指をくわえていました。

    そんな燕三条ミニ四駆大学の一周年イベントが、11月27日 (日) に行われるそうです。ついに僕も参加します。

    残念ながらミニ四駆での参加では無いのですが、「パッケージ書体で見るミニ四駆」というパネル展示のコーナーに「気になるパッケージ書体」を紹介する一人として寄稿しています。

    そうそうたるメンバーの中で真に恐縮ではあるのですが、ミニ四駆を楽しんでいた少年時代を思い出しつつ熱い思いを書きましたので、是非ご来館の際にはご覧くださいませ。

    oc

    燕三条ものつくり大学:パッケージ書体で見るミニ四駆
    http://sanjo-school.net/?p=5874

    Pocket

  • Diary
  • Neighborhood

    img_0032

    地元の定食屋が好きで、冬は暖かいものが食べたくなるとこのちゃんぽんを食べに来ます。

    昔からある中華料理屋や定食屋の良さは最近見直されて来ていると思いますが、問題はこういうタイプのお店が新規オープンする事が無いという事だと思います。跡継ぎがつく店は良いのですが、様々な飲食店がしのぎを削る昨今は、作れるものは何でも提供してくれる食堂タイプのお店よりは、きっちりとしたコンセプトを持ったお店が多くなっている傾向にある気がします。

    食べに行ってからメニューに迷うのでは無く、お店選びの段階から食べるものを決める事がスタンダードになってきつつあるのかもしれません。優柔不断な僕にとっては、とりあえず行ってみて雑多なメニューの中から選ぶ方が合っているなと思います。

    少しでも長く食堂を楽しめるように、積極的に足を運びたいなと常々思っています。まあ、ただ行きたいだけなのですが。

    Pocket

  • Diary
  • Sony a7II

    img_0039

    5年前に買ったsonyのaps-cミラーレスを使っていたのですが、いい加減古くなってきたのと、持ち出しても結局iphoneのカメラの方が画質が良くてそっちを使ってしまったりで、あまり使わなくなってしまっていて買い替えを検討していました。

    昔からカメラを持ち歩いて来た身としては、フィルムカメラの何気なく撮った時でもパシッと絵が決まるあの感動が忘れられなくて、ずっとフルサイズのカメラが欲しいなと思い続けていました。

    今までのレンズ資産が活用できる事とサイズの小ささでsony のa7Ⅱに決定。先週届いたので試し撮りをしています。

    周りからはそんな高画質必要か?とか、高いの買ったねぇとか言われていますが、オーバースペックにならないようにしたいものです。デザインワークの中でも活用していきたいと考えているのですが、まだまだ使いこなせていないので暫くは練習あるのみ。写真の楽しさを久しぶりに感じていてます。

    Pocket