譲渡会での猫の迎え入れ方について


PAGE – 2


譲渡事業とは

猫譲渡いらすと_03

迷子になって飼い主がみつからなかったり、飼い主のやむをえない事情で保健所に収容された犬や猫の新しい飼い主になっていただく制度です。

いくとぴあ食花の譲渡情報webページ
http://www.ikutopia.com/facilities/doubutsu/foster/

リアルタイムの情報はこちらのblogで確認
http://blog.niigatamirai.com/doubutsu/

譲渡までの基本的な流れ

猫譲渡いらすと_06

私の場合は、譲渡会前日に書類を提出→そのまま猫を確認→翌日講習会に参加→その日の内に家に連れて帰りました。恐らく譲渡会の最短日数で猫を迎え入れたと思います。

それでも、何年も前から猫を飼いたい気持ちがあり、持ち家になって余裕を持って室内飼いできるようになったという環境の変化や、奥さんが在宅仕事になり、家にいる時間が増大した事。部屋を大掛かりに整頓しての準備等、実際に参加するまでには時間や労力を要しました。

実際に参加する前に猫を迎え入れる準備が必要になりますし、迎え入れた後も病院に連れて行く必要もありますので、ある程度の覚悟と共に話を進める必要があります。

保護猫は境遇や種類、年齢性別等様々です。自分や家族にとってどんな性質の猫が相性が良いのか。じっくり考えてから参加すると、いざ抽選会で選ぶ時の判断材料になると思います。


↓ページ3へ続く

Pocket