譲渡会での猫の迎え入れ方について


PAGE – 4


いよいよお見合い

猫譲渡いらすと_12

そのまま施設内の保護施設に移動してガラス窓の中に入ります。

今回は成猫のみだったせいか参加者は5組のみだったので一度で終わりましたが、多い場合は入れ替えになるのかもしれません。

ケージの前で一匹づつそれぞれの猫の説明を受けます。

体質や性格等の説明や、実際に飼う時の注意点を聞けます。健康診断が完了している猫についてはケージ越しに触る事もできます。

実際に保護されてから今まで世話をしてきた職員さんが説明してくれます。連れて帰ってから思い違いが無いように、じっくり観察して積極的に質問した方が良いと思います。


譲渡会で抽選

猫譲渡いらすと_14

講習会で渡されるファイルに希望の猫を書き込みます。一匹に絞る必要は無く、受け入れる可能性のある猫は遠慮せずどんどん書き込んで良いようです。

参加者でくじを引き、当てた順番から一匹づつ選んでいきます。二匹以上受け入れたい場合は二巡目になってから選ぶルールになっています。

お見合いで受け入れたい猫がいなかった場合は、受け入れ無しのチェックをして、ボードを提出すれば抽選会に参加せず帰って良いようです。

くじ引きのルールは変更される可能性がありますので、「私の参加した回の場合は」という事で参考までとして下さい。


↓ページ5へ続く

Pocket